5月 02 2015

なぜ賃貸経営が注目されているのか

Published by under ビジネス情報

各方面から賃貸経営が高い注目を集めるようになっています。
これには様々な理由があるのですが、大きな理由として、賃貸経営は年齢制限がありません。

賃貸物件を確保さえすれば誰だって行えるものなのです。

折りしも老後に対して不安を抱いている人がとても増えていると言われています。それもそのはず、老後は収入が年金だけになってしまうのですが、その年金がどうなるのか解らない不安定な状況となっているのです。そのため、自分自身で老後の資金を用意しておかなければならない時代となっているのですが、賃貸経営を行えば、老後であっても収入を確保する事が出来ます。

この点はとても大きいものです。そのため、老後のために資産を作ってくよりも、賃貸経営さえ行えば、仮にですが、定年を迎えた際に貯蓄がなくとも、賃貸経営のおかげで収入が途絶える事はないのです。

これほど大きなメリットはありません。ましてや賃貸経営に関しては年齢制限のあるものではありません。入居者さえいれば確実に収入が発生する事になるのです。このような特徴から、賃貸経営の人気はとても高いものとなっているのです。賃貸経営のおかげで老後であっても不安が無いという人はとても多いとも言われています。

No responses yet

3月 03 2015

お金と上手に付き合うための保険

Published by under 保険

お金は生活にかかせない存在ですが、なかなか上手に付き合うのは難しいですよね。しかも、最近のお金は仕組みがかなり複雑で、したたかな特性をもってきているので、知らず知らずのうちにお金を使いすぎていたということもしばしばあるので注意が必要です。

本来であれば、お金に対する意識付けをもっと勉強しておくべきなのですが、このような状態が過去になかったため、大人も子どもにどのようにお金の教育をしていけばいいのか分からないのが現状なのです。

人生には、それぞれの節目がありますが、シーンごとで語りきれないエピソードがある共にお金がかかることを忘れてはいけません。急な出費に慌てないためにも、日頃からお金を貯める習慣をつけておくといいでしょう。それでも、お金が手元にあるとつい使ってしまい、お金がたまらない!と嘆いている人には「貯蓄型保険」はいかがでしょうか?

貯蓄型保険は、口座からの引き落としなので、無理ない金額設定をすることでお金が簡単にたまることが出来ますね。しかも保険がついているので、万が一のトラブルでもしっかりとカバーすることができます。

しっかりと足元を固めることは幸せな生活にもつながります。貯蓄型保険で実現してくださいね。

No responses yet

1月 26 2015

老後不安を解消する積立保険

Published by under 投資全般

日本は、公的年金の問題が浮上するようになり、将来受け取れる年金への不安が大きくなっているといってよいでしょう。

公的年金が問題となった背景には、少子高齢化と景気低迷が関係しているようで、今後は、年金を納める人と年金を受け取る人のバランスが悪くなるとされています。将来年金を受け取る人にとっては年金額が減るなど、さらに負担が大きくなるそうです。

そのことから、若い人を中心に将来は十分な公的年金が受け取れなくなることから、ゆとりある老後の生活を行なうには、公的年金以外に求める必要があるのです。年金に余裕をもつためには、いま自分で年金づくりを行なわなくてはならないとされています。

自分年金といった資金形成を行なう必要がありますが、生活に負担をかけずに行える貯蓄方法があります。生命保険会社では、積み立て型生命保険と呼ばれている積立保険、貯蓄型の高い保険があり、これは個人年金保険や養老保険として知られています。

個人年金保険は、貯蓄ができて病気やけがなどをした時に利用できる積立保険で、保険と貯蓄できることから、将来の年金不足が補えるとされています。

また、養老保険は、満期時に死亡保険金と同じ額の保険金が得られるため、老後の生活資金に充てることができる保険として注目されるようになっているのです。

以下の記事も参考にどうぞ
「お金を上手に積立しよう!」
分かりやすくて人気のコンテンツです。

No responses yet

1月 08 2015

変額年金のシステムを知ろう

Published by under ビジネス情報

「変額年金」と言われてもそれがどのようなものなのかよく解らないという人も多いようです。

確かに、そもそも年金というのは将来もらえるものであって、更にはどれくらいもらえるものなのか解りません。ですが、年金も一つではありません。確定拠出年金ですとか、年金そのものを運用してもらう事で、得られる年金額が変動するタイプのものですとか、いろいろとあるのです。変額年金は、運用してもらう事で、どれくらいもらえるのか解らないというものです。掛け金以上の年金を得る事が出来るケースもあれば、それこそ元本割れしているのではないかと思うようなケースもあるのです。

こればかりは先の事ですから誰にも解らない部分ではありますが、だからこそ「大きな可能性がある年金」とも言えます。特に公的年金がもはや当てにならないような状況となってしまっているのですから、変額年金の方が大きな可能性を見出せると考えるのも解らない話ではありません。むしろそのように思う方が当たり前の話とも言えますので、変額年金をと考えるのも決して悪い事ではありません。

むしろ公的年金だけに頼らない年金として、上手に活用する事で老後の不安を解消・軽減する事だって出来るかもしれないのですから。

No responses yet

12月 07 2014

日本でも始まった確定拠出年金

Published by under 保険

401kと言われても、何のことかわからないという人が多いのではないでしょうか?

日本国内では日本版401kと呼ばれているものの、知らないと何のことか分かりません。この401kというのは日本語にすると確定拠出年金と呼ばれているものです。
なぜ401kと呼ばれるのかというと、元々の確定拠出年金がアメリカで行なわれており、その根拠法となっていたのが内国歳入法の401条k項だった、というのがその理由です。

さて、では日本国内における確定拠出年金というのはどういったシステムになっているのでしょうか?これはあくまでも公的年金ではなく、私的年金の一種となります。また、加入に関しても完全に任意であり、加入するかどうかを自分で判断することができます。

確定拠出年金には個人型と企業型の二つがあり、それぞれどちらと契約をするのか、ということをある程度選択できます。といっても、企業型の確定拠出年金を利用するためには自分の勤めている企業が企業型に加入している必要があるので、そういった企業を就職先として選択する必要があります。そうでなくとも、企業年金を使っていない会社であれば、個人型として加入することも可能となっています。

No responses yet

11月 19 2014

若い方が長期投資をするべき理由

Published by under 投資全般

まだ若い方の中にも将来に向けての資産運用を考えている方が多くいらっしゃると思います。若いうちから長期投資を行うことはとてもた切なことです。老後までの時間がたっぷりのこされていますので、長期でお金を育てるチャンスです。

若い方ほど長期投資のメリットがあります。たとえば民間の保険会社が販売している個人年金保険という商品があります。これは将来、老後を迎えた時などに年金を受け取るために、自分用の年金を積み立てるものになります。このような積立保険はある程度の金額を積み立てないと受け取れないような仕組みになっていますので、毎月の積立金額は年齢と満期までの年月によって異なります。

積立型の保険や投資商品は若ければ若いほど少ない金額でも年数を重ねることで、保険料の受け取りに必要なお金を積み立てることができますので、有利になります。逆にある程度の年齢に達してから積立型の保険や投資をはじめると、毎月の支払いが高額になってしまい、負担が大きくなってしまいます。保険や投資の支払いのために生活費が苦しくなることもあります。

毎月の支払いを少なくしながら確実に将来のための資金を育てるなら、若いうちから長期投資をはじめてみることをおすすめします。

おすすめコラムはこちら
初心者に最適のコンテンツです。

No responses yet

11月 08 2014

生命保険のプランは一生涯だけじゃない

Published by under 保険

老後に加入する生命保険なのですが、一生涯の終身型を選ぶ人が多いようです。いつこの世から去るのか分からないので、保障が永遠に続くプランを選びたい気持ちは分かるのですが、終身保険は毎月の掛け金が非常に高く設定されているものが多く、年金暮らしの生活ではこの掛け金を支払い続けるのは大きな負担になってしまっているというお年寄りも少なくないという話です。

生命保険なのですが、その種類は終身型だけではありません。自分の生活を圧迫してしまう支払いを強いられるくらいでしたら、養老保険を選ぶという選択肢も入れておくべきだと思います。養老保険は終身型とは違いまして保障期間はあるのですが、こちらは期間終了と同時に今まで支払ってきた掛け金が返還される仕組みになっていますので、老後の資金難に対応できる生命保険になっています。

老後というものは、歳を取れば取るほどに生活資金が増えていく場合があります。食費などの生活費用は減少傾向にあるのですが、医療費や設備費が高く付きますので結果として多くの生活資金が必要になってくるものなのです。養老保険は自分の予想以上に長生きをした場合において効果的な保険だとされています。支払いの高い終身型と見比べて、どちらが良いのか決めてほしいと思います。

No responses yet

10月 28 2014

資産運用は身近なものであると考えられる

Published by under 投資全般

現代では年金などに関する問題が大きくなってきているため、自分の将来の年金に関して不安を感じている、または老後について大きな不安を感じていることもあるでしょう。
そのような場合に、しっかりと対応できるような対策を考えておかないと将来に大きく影響してしまうこともあるでしょう。しかしだからと言って、何でもかんでも投資をすれば良いということではありません。
しっかりと適切に選んでおくことができなければ、資産運用は失敗してしまい、上手くいきません。

資産運用というのは非常に身近な存在であると言えるので、関心を持っておくべきです。将来に資産を残しておきたいと考える場合、適切な投資方法などを選択していく必要があります。
これらはすぐに選べるものではないので、長時間の検討が必要になると考えておいたほうが良いです。そうすることで、安心して資産運用をしていける可能性が高くなると言えます。

自分の将来のために資産をどのくらい作っていきたいのかなどによっても運用の仕方は変わってきますし、運用する資産の多い、少ないによってもメリット、デメリットが違ってくるので、しっかりと適切な資産運用方法を検討していくことをおすすめします。

投資手法の最新トレンドを掲載中!!

No responses yet

10月 03 2014

資産形成の5つのポイント

Published by under 投資全般

資産形成を行うには、様々な方法があります。基本的な要素としては、5つのものが考えられると言われています。まず始めに重要どてるのが収入を増やすことです。インカムを増やすことができれば、当然その分お金の余裕が出来ますから、ベースが上がることになります。

ただ、収入を増やすと一口に言っても簡単なことではありません。正社員として生活をしている人が収入を増やそうとしても、簡単に良い先へと転職できるわけでもありません。

そこでもう一つのポイントとなるが、支出をコントロールすることです。こちらであれば、生活をローコスト化することによって対応できます。その上で、自分のお金に余剰を作ることがポイントです。

お金の余剰がある時、二つの選択肢があります。一つは貯蓄することで資産形成を行うことです。そしてもう一つは投資を行うことです。適切な投資を行うことができれば、資産を確実に増やすことができるのです。

ともあれ、いずれの方法をとって資産形成を行うにしても、重要なのは時間を味方につけることでしょう。時間がなければ様々な活動を行うことが出来ませんから、いかにスマートに資産形成を行うことができるか、ということを考えなければなりません。

No responses yet